ミュンヘン、ヴェネチア

img_20160910_093433

ミュンヘン

910日(土)インスブルック:晴れ、ミュンヘン:晴れ、ベネチア:晴れ、サンマリノ:晴れ

6:00起床

荷物まとめて朝のランニング。昨晩行った繁華街を経由してマン川にかかる橋まで。

夜には見えなかった建物の背景にある山々。街なかを掃除する人々。

橋からホテルへの戻り道ではいつものように道に迷う。

列車の時刻を気にしながら、ホテルを探し走り回る。

何とかホテルにたどり着く。列車発車時刻までぎりぎりだ。

6:50checkout 楽天VISA74€

6:56駅でチケット手続き。今日は大丈夫。

駅売店でソーセージクロワッサンを買う。2.15€

7:09ICE208Munchenへ。

ミュンヘン滞在予定時間は1時間。

駅から市内繁華街まで歩く。

土曜日だからか、朝からビール飲んでいる人が多い。

店によってはオレンジジュースばかりだったりもする。

ミュンヘン脱出が大変。

地下駅にはSマークが大きく表示されており、どこからでもすぐにわかるように

なっている。空港へはS1線またはS8線にて向かう。

駅で切符を買おうとするが、今ここが何駅なのか分からない。

日本では目的地の駅(この場合はミュンヘン空港)が分かれば、そこまでの

切符を買う。でもヨーロッパではxx駅からxx駅まで、との買い方になる。

ホームへの入り口が2か所あり、それぞれ別の駅名が書いてあるようだ。

今はS8で空港へと考えるが、どちらがS8なのか分からない。

近くにいた人に聞くと、少し離れたところに窓口があり、そこで買えと言う。

窓口では空港まで、で切符を買えた。

次は2つあるうちのどちらの入り口なのか。特に案内はない。

どちらでもいい。まず一つ決めて入ってみる。

ホームに降りて、それらしい案内を探す。無い。人に聞く。

反対側のホームに電光掲示板があるので、それに書いてあるんじゃないか?

と言われる。改札を出て、切符を買った窓口で空港へ行きたいが、どこで

電車に乗ればいいか聞くと、最初に入った入り口ではなく、もう一つの入り口の

方だと言う。ホームに降りると目の前に列車が止まっている。

それではなさそうだ。見送ると、次がS8のようだ。

列車に乗り込むと空港行きらしい人たちが乗っている。助かった。

ついていけばいい。

googleマップで計画していた10:13にS8はなく、10:19になる。

10:19Munchen Ost

10:56空港着

11:00Dゲート近く、TRANSAVIAの荷物預けが見えた。待ちは1組。

オンラインチェックイン済み(ホテルのwifiで前日に処理)なので

BoardingPass発行してくれた。

11:05荷物検査列に並ぶ。それなりに時間かかってラウンジ着が11:20

空港にラウンジが2つあって、ダイナースは奥の方。

はっきりと識別が書いていない。。。ような気がする。(きっちりと確認していない)

ラウンジではドイツビールを期待。。。。あった。

コップに注いで、飲む。んっ?なんだこれは。味が????

アルコールフリーと書いてある。ドイツでもそうなんだ。日本だけかと思っていた。

アルコール入りの普通のビールはなさそう。スピリッツなどはあった。

11:37ラウンジ出る。11:45がゲートクローズ時刻。

11:42搭乗ゲートD15の手前まで来たら場内アナウンスが流れる。

「ヨシダ、チxx、早く来い。あなたが最後です。」

締め切り前だが催促される。笑いながらアナウンス中にゲートを通る。

やるな欧州LCC。時間短縮に力を入れている。

定刻は12:00出発、13:00着陸

実績は12:05出発、12:46着陸

ヴェネチア

タラップ付けに3分ほど要したがバスから何から手際が良い。

13:00にはEXIT付近。日本では考えられないくらい速い。

ベネチア空港。

異常な混雑。あんな空港に何であんなに人がいる。

ツアー客など、立ち止まる集団、列をなして行動する集団、

シェンゲン内移動なのでラゲッジ受け取り後のゲート通過だけだが、

そこが先に進めない。

EXITを出てバスでベネチア市街へ。

どのバスに乗ればいいのか分からない。

2人に聞いて分からず、バスの運転手(そばにいた同じ制服の人)に

聞いたら、これだ(ローマなんとか行き、と書いてある)と言う。

チケットは運転手からと言う。荷物はバス下部へ収納。8€

13:30のバス。出発は13:33

14:10到着はベネチア・サンタ・ルチア駅の横のローマ広場。

帰りの列車は16:42

2.5時間ある。

まずはサンマルコ広場へ向かう。案内標識があるので間違えない。はず。

1回道を間違えて違うところへ行った。

途中、土産物屋をいくつか見て爪切り+栓抜きの金銀銅色の3つを買う。

3つで5€

サンマルコ広場について、一通り見て、14:40

まだ2時間ある。もう少しウロウロして地球の歩き方見て、、、、水上バスで

駅まで帰ろう。タイミング良く15:05のに乗れた。7.5€

船内ではいい

ポジション取りができて、ビデオ、写真をかなり撮れた。

S字の大運河をほぼ全行程なので、それなりに時間がかかる。50分くらいか。

駅ではチケット売り場に行ってWeb購入した印刷物をチケットにするのかと

確認。そのまま乗れるとのこと。QBB(オーストリア)はチケット発行必要だった。

16時、残り40分をフラフラ。まずはジェラート。コーンダブル(バニラ、ナッツ)美味しい。2.5€

帰り際にコーヒー。中国系の店で1€と書いてあったので注文してみる。

カプチーノかエスプレッソか聞かれて、ブレンドと答える。

若い男性店員は意味が分からず、横にいた若い女性店員が入れてくれた。

カップに入れようとしていたので、take outと言うと、take awayと言い直された。

ここまで朝からクロワッサン1個だけ。ジェラート+コーヒー飲んで電車に乗る。

リミニからサンマリノ

電車は16:42ベネチア・サンタ・ルチア駅発18:40ボローニャ中央駅着のRegionale Veloce2243

ボローニャでは乗り換えで18:58発のFrecciarossa(日本の新幹線相当)になる。

ボローニャの乗り換え18分の間に水750mlペットボトルを買う。1.8€

ボローニャからリミニは初Frecciarossa

座席は811日に指定予約している。4BOX席の進行方向向き窓側。

乗客は少なく、4人席を独り占めになるはず。

ところが私の座席の横に大関級の女性が座っているではないか。それも大声で電話している。

どいてもらって、席に着いたが横には大関が。

ずっと電話し続けている。大声で。車両内にはその大関の声が響き渡っている。笑ってしまう状況。

勘弁して欲しい。リミニまでの1時間、それが続いた。イタリア女性恐ろしい。

リミニ駅には3分遅れで着いた。ヨーロッパ列車の初遅延。

バスは20:40発。バス停の場所が分からず、(事前入手情報にはバーガーキング前とあったが、そこには無い)バーガーキング横にあったタバッキで聞く。店内には2名いたがどちらも英語はダメっぽく、イタリア語で何か言っている。イタリア語でバカにされたように向こうだ、と言う。イタリア語が分からない奴は相手にしない、感じ。バス停がいくつか並び、その一番奥にローマ行き、サンマリノ行きバス停があった。

バス停の横にアジア(西?)系男性がいて、話しかけてきた。室蘭で働いたことがある、海系の仕事で流氷のため年3か月は仕事ができない、イエメンでは金探鉱していた、バングラデッシュ生まれ、エリトリア人(エチオピアから独立)だと言う。ミラノに家があり、サンマリノで働いている。すごい人だ。バスチケット5€

21:23ホテルへ。予定時刻通り。

Web予約したホテル代にシーツ代が含まれておらず、+3€

受付2人のうち1人の英語がよくわからない。

部屋は307号室。ホテルは3Fのみと思われる。

部屋には30代イタリア人男性2名:バイク関連、アメリカ人夫婦(結婚2年目)の計5人。

それぞれ英語とイタリア語でスマホで翻訳させて会話している。

言語間ギャップだけでなくバイクレース知識のギャップもあり、そこは私が間に入る。

23時ごろ、大関にやられた傷が少し癒えてきたので食事に行く。

ホテル下のバー(照明が暗い)でまずはビール。500ml 4.5€

何か食べるもの:ハンバーガー(チーズ、ベーコン)+フレンチフライ 6€

ビール追加別種500ml 5€

シャワーはタンクに溜めたものをチェーンを引いて上から降らすもの。温水ではない。(最後は少し温かくなった気がする)部屋代が20.5€なので、こんなもんか。

朝食は各自でパン、コーヒーなど食べていいみたい。

24:30就寝

関連記事

ページ上部へ戻る