天安門広場、そしてミラノ入り

img_20160908_102051

天安門広場、王府井、ミラノ空港、ミラノ

98日(木)北京:晴れ、ミラノ:晴れ

6:30起床。4時間半睡眠。

シャワーして、服は昨日と同じ。

今回の旅はLCCを多用するため荷物は機内持ち込み可能なリュック1個。

服は最小限にしている。

ロビーでcheckoutしたいと言うとBreakfast Vaucherを渡される。

朝飯くらい食べるか。

7:00から皆で朝食。トランジットホテル代、朝食代も飛行機代に含まれる。

中国の激安ホテルの朝食。コップが無くジュースはスープ・おかゆと同じ椀のようなものを使う。

ジュースは果汁入っているか不明。

7:30checkout

空港へのバスは8:00に出るとのこと。

時間があったのでホテル出て通りの車・人の流れを見る。

スクーターバイクは電動?

三輪のミニカーがたまに走っている。

自転車はそう多くない。

8:00バスで空港へ。交通集中による渋滞。

8:40Terminal3着。北京市内へ向かう。

8:50Airport Express Train 25元。400円くらいね。

元は前に瀋陽へ遊びに行ったときの残り。

両替リスクを回避するために100元ちょっとをキープしていたもの。

+地下鉄4元。

空港から街まで50-60分かかった。

地下鉄天安門東駅で降りて天安門広場を一通り見て回る。

故宮は見る時間がない。

王府井まで歩き土産物を見るが、これといった物なく、何も買わずに

11:00地下鉄王府井駅から空港へ。

11:29Airport Express

11:50くらい空港Terminal3着。4+25元。

International DepartureとのことでE09へ向かう。

出国審査、前に北京出るときは1時間以上かかったが、今回は

10分かかっていない。3人待ちくらい。

空港ラウンジはE19近く。

アルコール、食事(中華料理、軽食)あり。けっこうイケる。

充電できなかった。ラウンジwifiのつながり悪い。

facebookは当然のようにアクセス不可。

ラウンジはヒースロー、香港の次くらいにいいかも。

羽田のラウンジは残念。

食事して、ビール飲んで。

wifiのパスワード教えてもらったがyahoo japanはつながるが

facebookはつながらない。

13:30定刻通り?ゲートを離れて、実際の離陸は+40分くらい。

けっこう待っていた。

ここからが長い。13:30発→19:00着の5:30+時差となる。

時差について。日本は+9、北京は+8

EU+1、夏時間なので+2。北京からだと時差は-6になる。

なので11:30のフライト。

実績は何故だか18:00に着いたので10:30のフライトだった。

食事は途中2回あった。ビーフライス、チキンライス。

普通のエコノミーの食事。まずくはない。

ビール、ワインも可。白ワインを頼んだが出てきたのは赤ワイン。

隣は中国人女性。60歳くらいか。50歳くらいかも。

コミュニケーションできなさそう。

席にイヤホンなし。(席による)

映画は一律のもの(中国語?)のよう。

機内では本を読んでいた。百田直樹氏のモンスター。

ブスが整形で美人になる話。小説内に出てくるような美人CAがいた。

顔立ちが整いすぎ。

中国国際航空(airchina)の席狭い。

膝前げんこつ1個。窓側から通路側に抜けるとき、通路側の人に出てもらうことになる。

18:01ミラノマルペンサ空港着陸。

入国はスムーズ。

SIMIカードのショップが空港にあるはず。見つけられなかった。

Milano Centrale行きのTrainへ向かう。

TRENORD自販機で12€ 楽天カード(VISA

案内女性が親切に教えてくれる。

ここで18:45

19:13発ミラノチンターレ行きに乗る。

入国審査後exitを出て、イタリア上陸。

イタリア人ばかり。見るからにイタリア人。

年とった人も皆イタリア人。

パンツェッタ・ジローラモばかり。男性皆かっこいい。

機内で読んでいた本に書いてあった、美人の条件。

鼻、唇、顎が一直線に並ぶ。それが標準であり美人である。

鼻がそれより高いのはハリウッドライン、唇が高いのがモンキーライン。

イタリア人はほとんどがハリウッドライン。

女性は皆超美人に見える。先日ローマ市長になったラッジ氏。

あんな美人が至る所にゴロゴロしている。

列車内はすいている。1車両に数人。

隣のブースではビジネスマンがノートPC広げてプレゼンの練習をしている。

大きな声で頑張っている。

SIMカード。ミラノ駅で探す。

事前の調査でWINDSIMカード屋)がいいとのことで、WINDの店に行ったが

イタリア国内のみとのこと。25€。他を探す。

他にもWINDあったが、掃除していてcloseと言われる。

まだ閉店時間にはなっていないはずだが。。。

TIMSIMカード屋)はブースのみで人・物がない。

ホテルの人に聞いたが駅に売っているとしか言わない。

時間切れでSIMカード買えなかった。

ホテルのwifiのみ。

ホテル(ドミトリー)は5人部屋。

白人男性1名、白人女性1名、黒人女性2名。女性は皆若そう。

部屋に入ったときは既に皆落ち着いてinbed状態。ほとんど会話もなく、

本日終了の雰囲気。

日本から持って行った柿の種を皆に勧めたが、皆からいらんと言われた。

そんなもんか。

シャワールームの電灯スイッチが分からず、白人女性が教えてくれた。

会話はそれくらい。

スマホ+イヤホンで自分の世界に入っている。せっかくのドミトリーが。。。

シャワールームは部屋に1つで他の4人は22時時点で使用済みのようだ。

1Fの飲食スペースでビール4.5€、別のビール(polka5.5€

本日の夕食はビールのみ。

横で女性がギター弾いて歌っている。上手。

拍手したら喜んでいた。

小説モンスターは読了。部屋に置いてきた。

翌朝の列車の切符を買いに駅へ。

Milano→Tirano 11.5€

自販機で買う。買っているとき横に男の人が現れて手伝いしてくれる。

物取りかと警戒したが、そうではなく、どこかのショップのアピールのようだった。

23:30就寝

関連記事

ページ上部へ戻る